ストレッチングインストラクター(CSI)検定会

日本ストレッチング協会認定ストレッチングインストラクター(JSA-CSI)は、特定非営利活動法人日本ストレッチング協会認定の資格です。 日本ストレッチング協会認定ストレッチングインストラクター資格講習会にて、講習会を受講後に、ストレッチングインストラクター検定会にて検定を受験し合格することで認定されます。

ストレッチングトレーナーの上位資格

この検定会の検定資格はストレッチングインストラクター講習会を受講することが条件となっております。ストレッチングインストラクター講習会を受講していない場合は、検定を受けることが出来ません。
 
また、ストレッチングインストラクター検定会へのご参加はストレッチングインストラクター講習会の受講日から2年以内となっております。ストレッチングインストラクター講習会から2年以上経過している場合は、再受講してからストレッチングインストラクター検定会へご参加下さい。

検定直前!「検定対策講座」を実施

検定会は、筆記試験と実技試験を行います。
検定会の午前中には、検定対策講座として検定のポイント、実技試験の最終確認を検定官が自ら行います。
任意でのお申込みになりますが、実際に検定官を努める講師が受講者のパートナーストレッチングを受けて、アドバイスを致します。 是非お申込み下さい。

様々な活動に御協力いただいています

ストレッチングインストラクターを取得された皆様には、全国各地での講習会開催活動を中心とした、支部活動にもご協力いただいております。

JSA-CSI 検定会 概要

実技 対象部位 大腿四頭筋・ハムストリングス・内転筋群・中殿筋・腸腰筋・大殿筋・大胸筋・広背筋・上腕二頭筋・上腕三頭筋・僧帽筋
受講資格 ストレッチングインストラクター講習会の受講者
受験対策講座 3,200円
検定料 16,200円
検定内容 筆記試験45分間(選択問題・論述問題)
実技試験60分間(検定官へのパートナーストレッチング)

検定のポイント

筆記試験

  • 機能解剖学の知識についての設問(各筋肉の起始停止や機能)
  • 対象者別(女性・子ども・高齢者)のストレッチングにおけるポイント
  • 写真や図を見てストレッチングの各設問に答える
  • リスク管理および代償動作の出かたについての設問

実技試験(口頭試問あり)

  • 受験者同士でパートナーストレッチング
    ・相手に対して、検定官が指示した部位のストレッチングを行う。
    ・リスク管理、代償運動の管理、相手とのコミュニケーションについての評価
  • 検定官に対してのパートナーストレッチングの実施
    ・検定官に対して、検定官が指示した部位のストレッチングを行う。
    ・リスク管理、代償運動の管理、検定官とのコミュニケーションについての評価
    ・ストレッチングやその他、検定官からの口頭試問あり

検定会の流れ

資格認定試験

検定対策講座(実技)

筆記試験

実技試験

実技試験終了次第、解散

実技試験は2人1組で約60分間実施する関係上、
検定時間は予めお申し込み時に、希望の時間を確認します。
第1希望から第3希望まで伺いますので、検定料のお振込み後
実技試験の時間をお知らせ致します。
ご希望に添えない場合もございますので、予めご了承下さい。

資格の有効期限

取得日から3年間(会員証、認定証に記載)
例)2007年3月10日取得 ⇒ 2010年3月末

継続単位取得方法

下記の2種類(A.B)の継続教育単位取得を義務付ける

  • A:講習会再受講、CSTP勉強会参加(1回)
    ・CSTS資格認定講習会の再受講 
    ・CSTP資格認定講習会の再受講
    のいずれか1つ。
  • B:各種セミナー、活動報告、上位資格の受講(1回)
    各種セミナー受講、CSI講習会の再受講、CSI検定会参加、CSM講習会の受講、外部講師担当、他団体ストレッチング関連セミナー参加レポートの提出、活動報告書の提出(下記参照)、いずれか。

レポート提出、活動報告書の提出の場合

  1. 800字以上で単位として認められます。
    ・郵送形式:ワードなど、パソコンで打ち込んだものを印刷して提出。
    ・メール形式:ワードなど、パソコンで打ち込んだものを提出。
  2. 報告書は、資格有効期限内に事務局まで提出する。(郵送送料は各自で負担)
  3. 提出した原稿は、返却できません。各自でコピー等をして保存をお願いします。
  4. 会員活動報告書は、会報誌に記載されることがあります。問題のある場合は、必ず事前にお伝えください。

資格更新手数料

3年間:¥5,400(更新時)

ストレッチングトレーナー認定について

資格更新手続きは、上位資格のみの更新が必要となります。ストレッチングインストラクターの認定後は、自動的に保有資格がストレッチングインストラクターへ移行されます。
ストレッチングインストラクター認定後の資格更新手続きは、ストレッチングインストラクターのみ行って下さい。